H3C WA6600新世代802.11ax室内シリーズAP

ホーム製品・技術製品ワイヤレスH3C WA6600新世代802.11ax室内シリーズAP
H3C WA6638 内臓アンテナ、12 ストリーム Triple Radio 802.11ax/ac/n AP
H3C WA6628 内臓アンテナ、12 ストリーム Dual Radio 802.11ax/ac/n AP
H3C WA6622 内臓アンテナ、6 ストリーム Dual Radio 802.11ax/ac/n AP
H3C WA6622 内臓アンテナ、6 ストリーム Dual Radio 802.11ax/ac/n AP

H3C WA6600シリーズアクセスポイントは、802.11ax標準規格で開発された最新世代のワイヤレスアクセスポイントです。

これらは、それぞれデュアルラジオ、又はクリエイティブ・トリプルラジオ802.11axテクノロジーで設計されており、802.11acより少なくとも2倍の伝送速度を提供します。  この為、このシリーズは、ホテル、スタジアム、エンタープライズキャンパスなどの高密度アクセスシナリオや、e-スクールバック アプリケーションなどの高密度アクセスシナリオに適しています。

H3C WA6600シリーズには、WA6622、WA6628、WA6638の3つの屋内モデルが含まれています。

内蔵アンテナにより、WA6622とWA6628は両方ともデュアルラジオをサポートし、WA6638はトリプルラジオをサポートします。

全てのモデルは、最大速度5Gbpsまたは10Gbpsのマルチレート アップリンクポートをサポートし、外観はコンパクトで、壁取り付けと天井取り付けの両方をサポートしています。

(日本国内向けには、WA6638製品がリリースされています。)

最新世代 Wi-Fi 標準 802.11ax (Wi-Fi 6)

第5世代のワイヤレステクノロジーである802.11acは、ラジオ当たり最大1733Mbpsの送信レートを提供します。

第6世代のワイヤレステクノロジーである802.11axは、5GHzラジオ当たり最大8つの空間ストリームと最大4.8Gbpsの送信レートを提供します。  例えば、WA6628 デュアルラジオAPは、最大5.95Gbpsのアクセスレート (5GHzで4.8Gbpsと、2.4GHzで1.15Gbps) を提供できます。 これは、全ての高密度アクセスシナリオに適しており、優れたアクセス体験を提供します。

DL/UL MU-MIMO

H3C WA6600シリーズAPは、802.11axの最も重要な機能であるDL/UL MU-MIMOテクノロジーをサポートしており、DL/ULMU-MIMOテクノロジーにより、APは複数のステーションに同時にデータを送信できます。

例えば、WA6628は同時に最大8つのステーションと通信でき、従来のワイヤレスシリアル通信メカニズムを打ち破り、ワイヤレススペクトルリソースの使用率を高め、高密度展開での効果的なアクセスユーザー数とアクセス体験を向上させます。

(DL/LD: Download/Upload)

スマートクラウドアクセスと最適な無線>LAN TCO

WA6600シリーズは802.11ax規格に準拠していますので、デュアル、又はトリプルラジオで動作し、同じ条件下で802.11ac製品よりも少なくとも2倍速い高速伝送を提供します。

WA6600シリーズは、H3C Cloudnetプラットフォームからの保守と運用管理を容易にできます。

このシリーズは、スマートRF最適化テクノロジーを通じて、カバレッジスコープ、アクセス密度、及び動作の安定性したモバイルクラウドアクセスを提供し、最適なワイヤレスネットワークの総所有コスト (TCO) を実現します。

複数のレートをサポートする高効率アップリンクポート

WA6600のアップリンクポートは、100Mbps、1000Mbps、2.5Gbps、5Gbpsなどの様々な送信レートの自動ネゴシエーションをサポートしています。

WA6628の2つのイーサネットポートはPoEをサポートしており、高い信頼性と可用性を実現する為に同時に動作できます。

直交周波数分割マルチアクセス(>OFDMA>)

802.11axはOFDMAを使用して、複数のユーザーが同時にデータを送信できるようにします。  

OFDMAは、チャネルをリソースユニット (RU) と呼ばれる特定のサブキャリアを持つサブチャネルに分割し、RUを異なるユーザーに割り当てて同時に送信します。

OFDMAは、同時マルチユーザー送信を可能にし、チャネル競合によって引き起こされる遅延を削減します。

空間多重化

802.11axは、WA6600が同一チャネル干渉を識別し、時間内に送信を停止出来るようBSS毎に異なるカラーを割り当てます。あるBSSのラジオが、他のBSSと同じカラーの802.11ax信号を検出すると、同一チャネル干渉が存在すると判断し、データ送信を停止します。  これにより、周波数の再利用が最適化され、ネットワーク容量が向上します。

目標ウェイクタイム >(TWT)

TWTは、クライアントのスリープ時間を増やし、クライアントがメディアにアクセスできる時間のネゴシエーションを可能にする事で、電力効率を改善し、競合を減らします。

内蔵>Bluetooth

H3C WA6600シリーズは、10m長のコンソール機能をサポートし、機器の設置とメンテナンスの過程で追加の作業負荷を回避し、トラブルシューティングの難しさを軽減し、iBeaconの揺れをサポートできるBluetoothモジュールを内蔵しています。

IoT>サービスのサポート

IoT時代の様々なアプリケーション向けに、WA6622とWA6638は、BLE、RFID、ZigBee、UWBなどの短距離で低消費電力のIoTサービスを提供するH3C T300 IoTモジュール用のIoTポートを設計しています。  これらのAPは、IoTポートによって最大10個のT300モジュールを接続できます。 

このIoTポートとネットワークポートはどちらも、可用性と容量を向上させるリンクアグリゲーション (LACP) をサポートしています。

グリーンデザイン

WA6600は、ダイナミックMIMO省電力(DMPS)、拡張自動省電力配信(E-APSD)、及び端末ネットワーク要件のスマートな識別をサポートするグリーン設計を採用しています。

MIMO動作モードをダイナミックに調整し、端末を効率的にスリープさせる事ができます。 WA6600は、シングルラジオのスタンバイを有効にし、より正確な電力制御を可能にするグリーンAPモードをサポートします。

WA6600は、パケット単位の電力制御(PPC)テクノロジーをサポートし、スタンバイ電力消費を削減し、モバイルデバイスのスタンバイ時間を改善します。

ローカル転送

WA6600は、集中転送とローカル転送の両方をサポートしています。 集中転送では、APは着信データフレームをACにトンネリングし、ACはデータフレームを転送します。  

ローカル転送モードは、AP間はデータフレームを直接転送する事で、有線帯域幅を大幅に節約します。

IPv4>および>IPv6>デュアルスタック(ネイティブ>IPv6>)

WA6600はIPv6に完全に準拠しており、デュアルIPv4 / IPv6プロトコルスタックを実装しています。

自動的にACと関連付けて、IPv4またはIPv6ネットワークに関係なくワイヤレスサービスを提供できる為、情報サイロ的に実行される事はありません。

エンドユーザーのアクセス制限管理(>EAD>)

EADは、H3C iMCのコンポーネントの1つとして、ネットワークアクセスとエンドポイントセキュリティ製品を統合し、エンタープライズセキュリティポリシーに準拠するワイヤレス・クライアントのみがネットワークにアクセス出来るようにします。

セキュリティポリシーサーバーを使用すると、システムが感染している場合やパッチが正しく適用されていない場合に、ユーザーへの通知や、ユーザーを隔離またはログオフできます。 

セキュリティポリシーに準拠しているワイヤレス・クライアントのみが許可され、これによりワイヤレスのセキュリティ全体が強化されます。

リモート調査及び分析

WA6600は、リモートプロービングおよび分析センサーとして機能し、WLANを監視し、チャネル情報を収集し、さらに分析する為にその情報をローカルデバイスに報告します。  

これにより、ワイヤレスネットワークの監視と保守の要件を満たす事が出来ます。

RF>最適化エンジン(>ROE>)

ROEは、機能ベース、及びプロトコルベースのRF最適化により、中密度から高密度のアクセスとストリーミングメディア送信シナリオで、より高速でQoSを提供します。 

マルチユーザー公平性、混合アクセス公平性、干渉フィルタリング、速度最適化、帯域ナビゲーション、マルチキャスト最適化(IPv4 / IPv6)、パケット毎の電力制御、インテリジェントな帯域幅保証などの機能を提供します。

リアルタイムスペクトラムガード(>RTSG>)

Real Time Spectrum Guard(RTSG)は、ワイヤレス スペクトル用のH3Cプロフェッショナル状態監視プログラムです。

H3C 802.11axシリーズAPは、内部RFデータ取得モジュールをサポートして、深く統合された監視とリアルタイムのスペクトル保護を実現します。

RTSGコンソールはiMC(インテリジェント管理センター)に統合されており、CAPWAPトンネル管理とセンサーAPを介してデータ取得を実行します。   24時間年中無休の無線信号品質監視、傾向評価、及び不正干渉アラートを実現できます。

全ての帯域のアクティブプローブと2.4GHz/5GHz RF干渉源(WiFiまたは非WiFi)を介して、スペクトル密度プロット、スペクトル図、デューティサイクルマップ、チャネルゲインと干渉ゲイン、イベントスペクトル図のリアルタイムFFTプロットのグラフィック表現を提供します。又、干渉の原因を自動的に特定し、不正なワイヤレス機器の場所を特定して、ワイヤレスネットワークが常に良好な状態である事を確認できます。 

H3C iMC IAR(Intelligent Analysis Report)モジュールと組み合わせると、トレースと再生を含むカバレッジエリアのRF品質の完全な履歴を維持し、カスタマイズされた傾向、コンプライアンス、および監査レポートを自動的に生成できます。

ユーザーのワイヤレス環境での様々な監視要求に対応する為に、RTSGソリューションはローカルモードまたはモニターモードのいずれかで展開できます。ローカルモードでは、効果的なスペクトル保護を損なう事なく、通常のユーザーアクセスとデータパケット転送を維持できます。

H3C>セルラー共存機能(>CCF>)

H3Cは、組み込みのハードウェアフィルタリングを使用して、3G / 4Gセルラーネットワークからの干渉の影響を最小限に抑えます。

Anchor>ーACモード

AnchorーACモードは、SMBを含む全てのサイズのネットワーク向けに設計されています。

AnchorーACモードでは、APはネットワーク全体の仮想コントローラーとして機能します。

クラウドベースの管理

H3Cクラウド管理APは、Cloudnetプラットフォームに基づいて開発されました。 

このプラットフォームでは、ネットワーク管理者がクラウド管理APを直接管理できます。  

例えば、クラウド管理APのステータスをリアルタイムで表示し、設定をクラウドからクラウド管理APに展開できます。  

これにより、ネットワークの効率が大幅に向上し、セキュリティと安定性が向上します。

インテリジェント・ロードバランシング

WA6600は、セッションベース、及びトラフィックベースのロードバランシングをサポートしています。

APの負荷が上限に達すると、ACは新しいクライアントのアソシエーション要求を拒否し、負荷の小さい別APにクライアントを転送します。

H3Cインテリジェント・ロードバランシングと既存のロードバランシングソリューションとの違いは、重複するAPカバレッジ内にあるクライアントに対してのみロードバランシングを開始する事で、これにより、ワイヤレスネットワークの容量が最大化されます。

インテリジェントに統合化された有線&無線管理

H3Cワイヤレス製品のシリーズ全体は、H3Cインテリジェント管理センター(IMC) のワイヤレスサービスマネージャー(WSM) コンポーネントによって管理できます。

WSMは、有線ネットワークと無線ネットワークの統合管理を提供し、既存の有線ネットワーク管理システムに無線ネットワーク管理機能を追加します。

WSMは、ワイヤレスネットワーク管理者にシンプルでユーザーフレンドリーな管理プラットフォームを提供します。

ワイヤレスデバイスのパネル管理、トラブルシューティング、パフォーマンスモニタリング、ソフトウェアバージョン管理、構成管理、及びユーザーアクセス管理を実装します。  さらに、IMCの他のコンポーネントと連携する事により、有線デバイスを管理できます。

ハードウェア仕様

項目

WA6622

WA6628

WA6638

重量

0.94 kg

1.28 kg

1.28 kg

寸法 (H×W× D)

43 ×210 ×210 mm (1.69×8.27×8.27 in)

52 ×239 ×236 mm (2.05×9.41×9.29 in)

52 ×239 ×236 mm

(2.05 ×9.41 ×9.29 in)

アップリンク

イーサネットポート

Port 1: 00M/1000M/2.5G

/5G, RJ-45

Port 2: 0/100/1000M,

RJ-45, IoT

Port 1: 100/1000M/2.5G

/5G/10G, RJ-45

Port 2: 10/100/1000M,

RJ-45

Port 1:100/1000M/2.5G

/5G/10G、RJ-45

Port 2: 10/100/1000M,

RJ-45, IoT

PoE+

Port 1: 802.3at/af

Port 1: 802.3bt/at

Port 2: 802.3at

両方のイーサネットはPoEをサポートしており、同時に動作できます

Port 1: 802.3bt/at

ローカル電源供給

54 VDC

54 VDC

54 VDC

受電PoE (48V)

サポート

サポート

サポート

PoE パワー出力

Port 2 (GE)

非サポート

Port 2 (GE)

Console port

1 (RJ-45)

USB port

内臓アンテナ

内蔵全方向性アンテナ

5dBiアンテナゲイン@ 2.4GHz

5dBiアンテナゲイン@ 5GHz

内蔵全方向性アンテナ

3dBiアンテナゲイン@ 2.4GHz

4dBiアンテナゲイン@ 5GHz

内蔵全方向性アンテナ

3dBiアンテナゲイン@ 2.4GHz

4dBiアンテナゲイン@ 5GHz

4dBiアンテナゲイン@ 5GHz

内蔵Bluetooth

サポート(ソフトウェアを介したRFIDの切り替えサポート)

IoT Extension

BLE, RFID, ZigBee, etc.

非サポート

BLE, RFID, ZigBee, etc.

動作周波数

802.11ax/ac/n/a: 5.725 to 5.850 GHz; 5.47 to 5.725 GHz; 5.15 to 5.35 GHz

802.11ax/b/g/n: 2.4 to 2.483 GHz

変調技術

OFDM: BPSK@6/9Mbps, QPSK@12/18Mbps, 16-QAM@24Mbps, 64-QAM@48/54Mbps

DSSS: DBPSK@1Mbps, DQPSK@2Mbps, CCK@5.5/11Mbps (file://dbpsk@1mbps, dqpsk@2mbps, cck@5.5/11Mbps)

MIMO-OFDM (11n): MCS 0-31

MIMO-OFDM (11ac): MCS 0-9

MIMO-OFDM (11ax): MCS 0-11 

変調モード

11b: DSS: CCK@5.5/11Mbps, DQPSK@2Mbps, DBPSK@1Mbps

11a/g: OFDM: 64QAM@48/54Mbps, 16QAM@24Mbps, QPSK@12/18Mbps, BPSK@6/9Mbps

11n: MIMO-OFDM: BPSK, QPSK, 16QAM, 64QAM

11ac: MIMO-OFDM: BPSK, QPSK, 16QAM, 64QAM, 256QAM

11ax: MIMO-OFDM: BPSK, QPSK, 16QAM, 64QAM, 256QAM, 1024QAM

最大送信電力

2.4G:25dBm、5G:30 dBm

( 送信電力はマルチチェーン結合電力であり、アンテナゲインは含まれていません。

実際の送信電力は地域の法律および規制によって異なります)

調整可能な電力単位

1 dBm

工場出荷時のデフォルト

に復元リセット

サポート

LED状態

交互点滅モード、様々な動作状態に対応するオレンジ/グリーン/ブルー、

呼吸モード(breathing mode)

温度

動作温度:-10°C〜+ 55°C(32°F〜113°F)

保管温度:–40°C〜+ 70°C(–40°F〜+ 158°F)

湿度

動作時:5%〜95%(結露しない事)

保管時:5%〜95%(結露しない事)

保護クラス

IP42

全体的な消費電力

< 30 W (IoTモジュールを除く)

セイフティ

コンプライアンス

GB4943, EN60601-1-2 (医療用電気機器), UL/CSA 60950-1, EN/IEC 60950-1,

EN/IEC 60950-22

EMC

GB9254, EN301 489, EN55022, FCC Part 15, RSS-210

無線周波数認証

FCC Part 15, EN 300 328, EN 301 893, and MIIT SRRC

Health

FCC Bulletin OET-65C, EN 50385, IC Safety Code 6

MTBF

> 250000 hours

ソフトウェア仕様

項目

WA6622

WA6628

WA6638

規格

802.11

屋内、802.11a / b / g / n / ac / axに準拠

802.11ax

動作周波数とMIMO

5GHz, 4×4:4

MU-MIMO

2.4Gbps

2.4GHz, 2×2:2

MU-MIMO

0.575Gbps

5GHz, 8×8:8

MU-MIMO

4.8Gbps

2.4GHz, 4×4:4

MU-MIMO

1.15Gbps

5GHz (1), 4×4:4

MU-MIMO

2.4Gbps

5GHz (2), 4×4:4

MU-MIMO

2.4Gbps

2.4GHz, 4×4:4

MU-MIMO

1.15Gbps

20MHz/40MHz/80MHz帯域幅

サポート

サポート

サポート

最大伝送速度

2.975 Gbps

5.95 Gbps

5.95 Gbps

A-MPDU

サポート

A-MSDU

サポート

最大尤度デコーディング(MLD)

サポート

最大比率結合(MRC)

サポート

空間時間ブロックコーディング(STBC)

サポート

低密度パリティチェック(LDPC)

サポート

周期性遅延変化(CDD)/

周期性シフト変化(CSD)

サポート

動的周波数選択 (DFS)

サポート

WLAN

基本

RF毎の最大クライアント数

512

仮想APs

32、RF毎に最大5つの仮想APの設定を推奨します。

オープンシステム/共有キー認証

サポート

ブロードキャストプローブリクエストの

確認応答制御

サポート

WPA、WPA2、WPA3、Pre-RSNAユーザーの同時ログイン

サポート

RTS/CTS

サポート

CTS-to-self

サポート

802.11k and 802.11v スマートローミング

サポート

802.11r 高速移行ローミング

サポート

SSID非表示

サポート

高度なトラフィック管理

サポート

Hotspot 2.0

サポート

WLAN

拡張

ステーション関連

サポート

クライアント数の制限

サポート

リンクの整合性チェック

サポート

リピーターモード

サポート

セキュリティ

ポリシー

暗号化

WEP 64/WEP 128, dynamic WEP, TKIP, CCMP

(recommended for 802.11n/ac/ax)

ユニキャストおよびブロードキャストキー更新の複数のトリガー条件

802.11i

サポート

認証

802.1X認証、MAC認証、PSK認証、ポータル認証

H3C WXシリーズACは、認証に必要になる場合があります。

ユーザー分離

L2ユーザーの分離、SSIDベースのユーザー分離

転送セキュリティ

パケット/MACアドレスフィルタリング、ブロードキャストストーム抑制

無線端末アクセス

ワイヤレス EAD

SSIDとVLANのバインディング

サポート

不正デバイスの検出と対策

サポート

動的ARP検査(DAI)

サポート

IPソースガード(IPSG)

サポート

WIDS/WIPS

サポート

管理フレーム保護(802.11w)

サポート

AAA

RADIUS クライアント

サポート

マルチドメイン認証サーバー

サポート

バックアップ認証サーバー

サポート

L2 &L3

機能

IP address configuration

静的IP(FAT APモードでのみ使用可能)

DHCPによって割り当てられたIP(オプション60)

Native IPv6

サポート

IPv6 Portal

サポート

IPv6 SAVI

サポート

ACL

IPv4/IPv6

ローカル転送

SSIDとVLANに基づくローカル転送

マルチキャスト

IGMPスヌーピング/ MLDスヌーピング

DHCPサーバー/クライアント/リレー

サポート

NAT

サポート

リンク層検出プロトコル(LLDP)

サポート

SSIDベースのVLAN割り当て

サポート

サポートされているEoGREトンネル

サポート

QoS

802.11e

Wi-Fiマルチメディア(WMM)

優先

イーサネットポートでの802.1p優先度とマーキング

有線および無線パケットの優先度マッピング

QoS policy mapping

SSID / VLANおよびQoSポリシーのマッピング

L2からL4へのパケットフィルタリングと

トラフィック分類

サポート

CAR

サポート

クライアント帯域幅管理

ステーションベースの帯域幅割り当て、SSIDベースの帯域幅割り当て

ロードバランシング

トラフィックベースの負荷分散、セッションベースの負荷分散

周波数ベースの負荷分散(デュアルバンドをサポート)

エアータイムの最適化

サポート

エアータイムの公平性

サポート

バンドナビゲーション(5G優先)

サポート

マルチキャストの最適化(IPv4/IPv6)

サポート

コールアドミッションコントロール (CAC)

セッションベースのCAC、チャネル使用量ベースのCAC

L4 7アプリケーションの識別

APはH3C WLAN ACと組み合わせて、様々なアプリケーションを

識別でき、優先度の調整、スケジューリング、ブロッキング、

ユーザーレート制限などのポリシー制御を実装できます。

SVP Phone

サポート

パワーセーブ

PPC

サポート

グリーンAP モード

サポート

動的 MIMO パワーセーブ

サポート

E-APSD

サポート

WMM パワーセーブ

サポート

管理と保守

ネットワーク管理

Trap、HTTP(S)、SSH、Telnet、FTP / TFTP、

SNMP V1 / V2 / V3は、クラウド/ファットモードでのみ適用可能

SSID管理

サポート

Syslog

サポート

リモート探査と分析

サポート

AP動作モード

Fit /Anchor/Cloud/Fat

Wi-Fi認定

IEEE 802.11a / b / g / n / ac / ax、WMM、WPA、WPA2、及びWPA3 –エンタープライズ、

パーソナル(SAE)、エンハンストオープン(OWE)、Wi-Fi Alliance


WA6622:

Radio1: 5GHz (AP front facing down)

Radio2: 2.4GHz (AP front facing down)

WA6628:

Radio1: 5GHz (AP front facing down)

Radio2: 2.4GHz (AP front facing down)

WA6638:

Radio1: 5GHz (AP front facing down)

Radio2: 5GHz (AP front facing down)

Radio3: 2.4GHz (AP front facing down)

製品 ID

製品説明

EWP-WA6622-FIT

H3C WA6622内部アンテナ6ストリーム、Dual Radio 802.11ax/ac/n AP、FIT

EWP-WA6628-FIT

H3C WA6628内部アンテナ12ストリーム、Dual Radio 802.11ax /ac/n AP、FIT

EWP-WA6638-FIT

H3C WA6638内部アンテナ12ストリーム、Triple radio 802.11ax /ac/n AP、FIT

ADP040-54V-GL

H3C 54V 40W高出力アダプター電源(オプション)

ADP040-54V-PoE-GL

H3C 54V 40W高出力アダプター電源(PoEインジェクターを含む、オプション)

あなたはH3Cパートナー企業ですか? ログインして他のパートナーリソースをご確認ください。優れたH3Cパートナー企業を見つけるか、H3Cとのパートナーシップを構築し、成功を共有するパートナー企業になる事も出来ます。