H3C WX3800H新世代アクセスコントローラー

ホーム製品・技術製品ワイヤレスH3C WX3800H新世代アクセスコントローラー
WX3820H
WX3840H

H3C WX3800Hシリーズワイヤレスアクセスコントローラは、高性能、大容量、高信頼性、および多用途のビジネスサービスを備えた最新世代の統合有線 & ワイヤレスアクセスコントローラであり、エンタープライズネットワークを対象としています。

WX3800HシリーズACは、高性能マルチコアCPUを搭載し、革新的なComware V7プラットフォーム(以下、V7と呼びます) を採用しています。V7には、標準のきめ細かいユーザー制御管理、包括的なRFリソース管理、7x24ワイヤレスセキュリティ制御、高速レイヤー2及びレイヤー3ローミング、強力なQoS、IPv4 / IPv6デュアルスタックが付属しています。V7は、マルチコアコントロールプレーン、次世代CUPIDワイヤレスポジショニングテクノロジー、Bonjour、Hotspot 2.0など、様々な新しいワイヤレステクノロジーを追加します。又、クラウドコンピューティング管理、階層型AC、IRFなどの複数のネットワーク構成もサポートしています。 

H3C WX3800HシリーズACは、WX3820HとWX3840Hの2つのモデルで構成されています。H3C Fit アクセスポイント(AP) と組み合わせると、中規模から大規模のエンタープライズキャンパスネットワークへのWLANアクセスとワイヤレスMANカバレッジの為の理想的なアクセス制御ソリューションとして機能します。

802.11ax AP 管理

802.11a / b /g / n /ac AP管理に加えて、WX3800HシリーズACはH3C 802.11axベースのAPと連携して、従来の802.11a/b/g /n /acよりも数倍速いワイヤレスアクセス速度のネットワークを提供できます。

又、802.11axにより、WLANマルチメディアアプリケーションの展開が現実のものになります。

新しいオペレーテイングシステム

WX3800HシリーズACは、最新のH3CV7プラットフォームに基づいて開発されています。新しいシステムは、以前のバージョンに比べてパフォーマンスと信頼性が大幅に向上しており、エンタープライズ市場で、ますます複雑化するネットワークアプリケーションを実行できます。  V7には次の利点があります。

マルチコア制御: V7は、CPUの転送コアに対する制御コアの比率を調整して、CPUの計算能力を最大限に活用し、強力な同時計算能力を提供しながら、制御タスクと転送タスクのバランスをとる事が出来ます。

ユーザーモードマルチタスク: V7は、ほとんどのネットワークアプリケーションがユーザーモードで実行され、各アプリケーションが異なるタスクを実行できるようにする、まったく新しいソフトウェア特権レベルシステムを採用しています。各タスクには専用のリソースがあり、タスクの障害が発生すると、他のタスクの中断を回避する為に独自のスペースで分離されます。  これにより、システムがより安全かつ確実に実行されます

ユーザータスク監視: V7には、全てのタスクを監視するタスク監視機能が搭載されています。ユーザータスクがうまくいかない場合、システムはリロードされ、アプリケーションはすぐに回復します新しい独立したアプリケーションのアップグレード: V7は、オペレーティングシステム全体ではなく、単一のアプリケーションモジュールがアップグレードされる独立したアプリケーションのアップグレードをサポートします。これにより、以前のバージョンと比較してシステムの再起動の回数が大幅に削減され、アップグレードが安全に保たれ、ネットワークの安定性が維持されます。

有線および無線処理能力

WX3800HシリーズACは最新の高性能マルチコアCPUを採用しています。

WX3840H AC CPUには、32個の論理コアに仮想化できる8つの独立したコアがあり、WX3820HシリーズACには、16個の論理コアに仮想化できる4つの独立したコアがあります。強力なコンピューティングパワーにより、デバイスはより多くのユーザー、より多くの同時トランザクションを処理し、ユーザー体験を向上させる為に遅延を減らす事が出来ます。

アクセスへの高いポート密度

WX3800HシリーズACは、外部アクセス用に高いポート密度を提供します。これにより、有線および無線の統合アクセス(ユーザーアクセス、ユーザー認証、課金管理を含む統合された有線&無線ユーザー管理) が実現し、ネットワークの構築とアクセスの要件が満たされます。

WX3820Hは、8つのGEコンボと2つの10G SFP +ポートを提供します。

WX3840Hは、8つのGEコンボ、2つの10G SFP +ポート、及び1つの管理ポートを提供し、管理には帯域外管理機能を提供します。

IRFホットスタンバイ

WX3800HシリーズACは、H3Cによって開発されたIRF(Intelligent Resilient Framework)をサポートします。IRFモデルの背後にある理論的根拠は、単一の分散デバイスとして仮想化されており、次の利点があります。

シンプルなネットワーク構成:I RFは専用のスタックケーブルやポートを必要とせず、レイヤー2で接続するとスタックが作成されます。

スタック能力:IRFグループは単一の仮想化ACのように見え、管理されるユーザーとAPの数は個々のACの容量と同じです。

シンプルな構成:仮想ACに加えられた構成変更は、他の物理ACに自動的に同期されます。

信頼性の高いバックアップ:1 + 1ホットバックアップをサポートします。 全てのアプリケーションにバックアップがあり、1回のAC障害が仮想ACの機能に影響を与える事はありません。WX3800HシリーズACは、最大2つのデバイススタックをサポートします

柔軟なライセンス管理:IRFの1つのデバイスにインストールされたライセンスを他のデバイスと共有できます。仮想ACに接続できるAPの数は、全ての物理ACが所有するライセンスの合計です。ライセンスはインストールされ、個々のデバイスに関連付けられていますが、アンロードと移行がより便利になります。

階層型ACアーキテクチャ

階層型ACアーキテクチャは、市場での多層ネットワーク構築のニーズに応える為にH3Cによって設計されたまったく新しいネットワーク構成です。  階層型ACは、大企業と同様の集中管理階層を採用しており、1つのコアレイヤー管理ACが複数のローカルアクセスレイヤーACに関連付けられ、アクセスレイヤーACが基盤となるAPに直接接続します。

アクセスレイヤーACは主にAPアクセスやデータ転送などのリアルタイムアプリケーションにサービスを提供し、コアレイヤーACは主に管理制御や集中認証などの非リアルタイムタスクに焦点を当がますが、典型的なACが持つAPを接続してデータを転送する機能を保持します。  コアレイヤーACは高性能ACであり、コンバージェンスレイヤーに展開されます。

アクセスレイヤーACは、標準AC、オールインワンAC(ルーター及びDPI機能付き)、又は有線と、無線ACで構成でき、既存のネットワークと並行して展開されます。

階層型ACネットワーク構築モデルは、有線と無線の統合を次のレベルに引き上げ、大規模な無線ネットワーク構築に適用できます。  階層型ACモデルは、コアリンク帯域幅とコアAC転送パワーがボトルネックにならない、本社とブランチの展開シナリオに自然に対応します。

コアレイヤーAC集中制御、アクセスレイヤーAC、及び低レベルAPは、自動的にアップグレードおよび同期できる為、バージョンアップグレードタスクが大幅に簡素化されます。 アクセス層ACはAPスイッチングを担当し、ローミングパフォーマンスを大幅に向上させます。

CUPIDワイヤレスポジショニング

H3C CUPIDは、WLAN環境に基づく高精度のワイヤレスポジショニング技術で、次の利点と機能があります。

高精度

従来の三角形およびフィンガープリントによる測位は、受信信号強度インジケータ(RSSI)の電力に基づいており、その精度はRSSIの電力レベルの変動によって必然的に影響を受けますので、屋内の装飾と顧客のトラフィックのランダムな性質により、RSSIデータに混乱が生じます。H3C CUPIDベースの測位技術は、AtherosチップとWLANからの情報を統合して、屋内測位をより正確にし、RSSIベースの測位システムの制限を克服します。  良好な条件下では、位置の精度は、わずか3〜5メートルになる可能性があります。

低遅延

CUPIDは、従来の信号ベースの測位技術と比較して、待ち時間が短くなっています。  アクセスポイントから収集されたアクティブな情報に基づいている為、遅延を2秒以内に制限でき、信号とデータの収集効率が大幅に向上します。

事前サンプリング無し

従来のフィンガープリントベースの測位では、サンプリングにかなりの時間とリソースが必要であり、APアンテナや位置などの展開構成に変更が加えられるたびに、再サンプリングが必要になります。これは、測位システムのパフォーマンスに大きな影響を与えます。CUPIDポジショニングはサンプリングプロセスをスキップでき、APは既存の展開構成ですぐにポジショニングを開始できます。CUPIDは、クロスチャネル展開もサポートします。 各チャネルは最大6つのスペクトルで展開できます。これにより、同じスペクトルのインターフェイスが抑制され、測位精度が向上します。

柔軟な転送モード

集中転送モードのワイヤレスネットワークでは、全てのワイヤレストラフィックが処理の為にACに送信され、ACの転送機能がボトルネックになる可能性があります。 特に、APがブランチに展開され、ACが本社に展開され、APとACがWANを介して接続されているワイヤレネットワークではこのシナリオでは、分散転送がより適しています。  WX3800HシリーズACは、両方の分散型をサポートします。

キャリアクラスのワイヤレスユーザーアクセス制御と管理

ユーザーベースのアクセス制御は、WX3800HシリーズACの重要な機能です。 WX3800HシリーズACには、事前定義された設定を保存する為の設定テンプレートとして機能するユーザープロファイルが付属しています。様々なアプリケーションシナリオで、認定アクセスレート(CAR)やQoSポリシーなど、ユーザープロファイルに様々な項目を設定できます。

認証時に、認証サーバーがデバイスにユーザープロファイルを割り当てます。  ユーザーが認証に合格すると、デバイスはユーザープロファイルの設定内容を使用して、ユーザーのリソースへのアクセスを制限します。ユーザーがオフラインになると、デバイスはユーザープロファイルを無効にします。  従って、ユーザープロファイルは、オフラインユーザーや認証に合格しなかったユーザーではなく、オンラインユーザーに適用できます。

WX3800HシリーズACは、MACベースのアクセス制御にも対応しており、AAAサーバー上のユーザグループや特定のユーザのアクセス権を設定・変更できます。洗練されたユーザー権利制御方法により、WLANの可用性が向上し、アクセス権の割り当てが容易になります。

MACベースのVLANは、WX3800HシリーズACのもう1つの強力な機能です。  管理者は、同じ属性を持つユーザー(またはMACアドレス) を同じVLANに割り当て、ACでVLANベースのセキュリティポリシーを構成できます。これにより、システム構成が簡素化され、ユーザー管理がユーザー毎の粒度に調整されます。

セキュリティやアカウンティングの為に、管理者がワイヤレスクライアントの物理的な位置を制御する必要がある場合があります。WX3800Hシリーズはこの要件を満たす事ができます。認証中に、ACは認証サーバーから許可されたAPのリストを取得し、要求しているワイヤレスクライアントのAPを選択します。このようにして、ワイヤレスクライアントはそのAPにのみ関連付ける事が出来る為、その位置が制御されます。

スマートローミング機能

AC内ローミング、AC間ローミング、VLAN間レイヤー3ローミングに対応。

ポータルローミング情報同期機能: ACおよびAPは、Portal mac-triggerサーバーを使用せずに、大規模ネットワーク上のAC間でのPortalユーザーの認識されないローミングをサポートします。ワイヤレスコントローラーは、独立してMAC-triggerサーバー機能を引き受ける事ができます。これにより、ポータルサーバーへのプレッシャーが軽減され、ポータルサーバーがパフォーマンスのボトルネックになるのを防ぎます。ポータルサーバーが完成した後でも、オンライン端末は10台以上のワイヤレスコントローラー間で認証なしでローミング出来ます。

802.1Xローミング情報同期機能:ACとAPは802.1Xユーザーをサポートし、大規模ネットワーク上のAC間の高速ローミングを実現します。  AC間の高速ローミングの為のdot1x認証をサポートします。新しいACにローミングした後、端末は再度認証を行う必要はありません。サーバーの負荷を軽減し、端末への高速アクセスを確保し、10を超えるAC間の高速ローミングをサポートします。802.11k /v /r 高速ローミングプロトコルをサポート。

インテリジェント チャネルスイッチング

WLANでは、隣接する無線APは、チャネル干渉を回避する為に異なるチャネルで動作する必要があります。但し、チャネルはWLANにとって非常にまれなリソースです。APには重複しないチャネルがいくつかあり、例えば、2.4GHzネットワークには重複しないチャネルが3つしかありません。従って、ワイヤレスアプリケーションの鍵は、APにチャネルをインテリジェントに割り当てる方法です。

一方、不正AP、レーダー、電子レンジ等、WLAN内のAPの正常な動作に影響を与える可能性のある干渉源は多数あります。インテリジェントなチャネルスイッチング技術により、各APに最適なチャネルを確実に割り当てる事が出来る為、隣接チャネルの干渉を最小限に抑える事ができます。さらに、リアルタイムの干渉検出機能は、APをレーダーや電子レンジなどの干渉源から遠ざけるのに役立ちます。

インテリジェント APロードシェアリング

IEEE 802.11によると、無線クライアントはWLAN内の無線ローミングを制御します。  通常、無線クライアントは受信信号強度表示(RSSI)に基づいてAPを選択します。  従って、多くのクライアントは、RSSIが高い同じAPを選択する可能性があります。  これらのクライアントは同じワイヤレスメディアを共有する為、各クライアントのスループットは大幅に低下します。

インテリジェントAP負荷分散機能により、無線クライアントの位置をリアルタイムで分析し、現在位置のどのAPが負荷を共有できるかを動的に判断し、これらのAP間で負荷分散を実現できます。  オンラインセッションの数に基づく負荷分散に加えて、システムはオンラインワイヤレスユーザーのトラフィックに基づく負荷分散もサポートします

無線リソース使用率に基づくSSID自動隠蔽機能をサポートします。  無線リソースが設定されたしきい値に達するか超えると、SSIDは自動的に非表示になり、安定した信頼性の高いワイヤレスサービスをユーザーに提供します。

レイヤー4-7ディープパケットインスペクション 

WX3800HシリーズACは、様々なアプリケーションを識別でき、優先度の調整、スケジューリング、ブロッキング、レート制限などのポリシー制御を補完して、効率的な帯域幅リソースを確保し、ネットワーク品質を向上させることができます。

レイヤー7ワイヤレス侵入検知および防止システム(WIDS / WIPS

WX3800HシリーズACは、ブラックリスト、ホワイトリスト、不正デバイス防御、不正パケット検出、不正ユーザー削除、アップグレード可能なシグネチャーMACレイヤー攻撃検出(DoS攻撃、フラッド攻撃、中間者攻撃)、対策に対応しています。

WX3800Hに内蔵されているナレッジベースにより、タイムリーかつ正確なワイヤレスセキュリティの決定を行う事が出来ます。不正なAPや端末など、特定された攻撃元については、目に見える物理的な場所の監視を実行し、物理的なポートの削除を切り替える事ができます。

H3Cファイアウォール/ IPSデバイスを使用すると、ネットワークインフラストラクチャは、ワイヤレスキャンパスでレイヤー7セキュリティ防御を実装し、有線(802.11)およびワイヤレス(802.3)の安全な接続をエンドツーエンドでカバーできます。

新しいワイヤレスインテリジェントアプリケーションアウェア(WIAA

ワイヤレスインテリジェントアプリケーションアウェア機能(WIAA)は、有線および無線ユーザーにユーザーロールベースのアプリケーション層セキュリティ、QoS、及び転送ポリシーを提供します。  WIAAを使用すると、管理者はWebサイトのユーザーの閲覧、ユーザーが使用するアプリケーションプロトコル(HTTP、FTP等)、及びユーザーに割り当てられる帯域幅を指定できます。

H3C V7 ACには、ディープパケットインスペクション(DPI)機能が付属しており、アプリケーションの検出と詳細な統計を拡張します。

前世代ACでの検出は、エージェントが簡単に回避できるレイヤー4 イーサネットプロトコル(例えば、HTTPへの80マップ、FTPへの20/21マップ等)に基づいていますが、新しいV7 ACは、イーサネットプロトコルのレイヤー7特性と、より正確な認識と完全な制限を実装する為の典型的なパケット署名に基づいています。

DPIを使用すると、管理者は、ユーザーが全てのeコマースWebサイトにアクセスする事を禁止する代わりに、Webサイト毎に制限を設定できます。  これにより、設定が簡素化され、生産性が向上します。

ハードウェア仕様

項目

WX3820H

WX3840H

寸法 (WxDxH)

440mm×420mm×43.6mm

重量

7.3kg(デュアル電源搭載)

スループット

8Gbps

16Gbps

ポート

8 GE+SFP combo

2 SFP+

1 console

8 GE+SFP combo

2 SFP+

1 console

1 OBM

電源供給

1つのAC電源が含まれてます。

交換可能な電源が1 + 1冗長バックアップ用(別売り)

最大消費電力

<300W

動作および保管温度

0℃~45℃/-40℃~70℃

動作および保管の相対湿度

5%~95%

セーフティ コンプライアンス

UL 60950-1

CAN/CSA C22.2 No 60950-1 IEC 60950-1

EN 60950-1/A11 AS/NZS 60950

EN 60825-1

EN 60825-2 EN60601-1-2

FDA 21 CFR Subchapter J

EMC

ETSI EN 300 386 V1.3.3:2005

EN 55024: 1998+ A1: 2001 + A2: 2003

EN 55022 :2006 VCCI V-3:2007 ICES-003:2004

EN 61000-3-2:2000+A1:2001+A2:2005 EN 61000-3-3:1995+A1:2001+A2:2005 AS/NZS CISPR 22:2004

FCC PART 15:2005

GB 9254:1998

GB/T 17618:1998

MTBF

≥38 years

ソフトウェア仕様

項目

機能

WX3820H

WX3840H

基本機能

デフォルトの管理対象AP

0

0

ライセンス サイズ

1/4/8/16/32/64/128/512/1024

管理対象APの最大数

512(ローカル転送を推奨時)

256(集中転送を推奨時)

1024

最大ユーザー数

8192

20480

802.11MAC

802.11 プロトコル

サポート

Multi-SSID (Per RF)

16

SSID非表示

サポート

11G プロテクション

サポート

11n only

サポート

ユーザー数の制限

サポート:SSIDベース、RFベース

Keep-alive

サポート

Idle

サポート

マルチ カントリーコード割り当て

サポート

ワイヤレスユーザーの分離

サポート:VLANベースのワイヤレスユーザーレイヤー2分離

SSIDベースのワイヤレスユーザーレイヤー2分離

40MHzモードでの

20MHz/40MHz自動スイッチ

サポート

ローカル転送

SSID + VLANに基づくローカル転送

CAPWAP

自動APシリアル番号入力

サポート

ACディスカバリー

(DHCPオプション43DNS)

サポート

IPv6 トンネル

サポート

クロック同期

サポート

ジャンボフレーム転送

サポート

ACを介して基本的なAPネットワーク

パラメータを割り当て

サポート:スタティックIP、VLAN、接続されたACアドレス

APAC間の L2/L3接続

サポート

APAC間のNATトラバーサル

サポート

ローミング

AC内、AP間のL2およびL3ローミング

サポート

AC間、AP間のL2およびL3ローミング

サポート

GW 機能

NAT

サポート

PPPoE

サポート

DDNS

サポート

IPSEC VPN

サポート

GW機能

SSL VPN

サポート

GRE

サポート

アクセス制御

オープンシステム、共有キー

サポート

WEP-64/128, ダイナミックWEP

サポート

WPA, WPA2, WPA3

サポート

TKIP

サポート

CCMP

サポート (11n 推奨)

SSH v1.5/v2.0

サポート

ワイヤレスEAD

(エンドポイントアクセス支配)

サポート

ポータル認証

サポート:リモート認証、外部サーバー

ポータルページのリダイレクト

サポート:SSIDベース、APポータルページプッシュ

ポータルバイパス プロキシー

サポート

802.1x 認証

EAP-TLS, EAP-TTLS, EAP-PEAP, EAP-MD5, EAP-SIM, LEAP,

EAP-FAST, EAP offload (TLS, PEAP only)

ローカル認証

802.1X, ポータル, MAC 認証

LDAP 認証

802.1X and Portal

EAP-GTC and EAP-TLS supported by 802.1X login

APロケーションベースの

ユーザーアクセス制御

サポート

ゲストアクセス制御

サポート

VIPチャンネル

サポート

ARP攻撃の検出

サポート: Wireless SAVI

SSIDのなりすまし防止

SSID + ユーザーネーム バインド

SSIDとドメインに基づくAAAサーバー

の選択

サポート

AAAサーバーのバックアップ

サポート

ワイヤレスユーザー用ローカルAAA

サーバー

サポート

TACACS+

サポート

QoS

プライオリティ マッピング

サポート

L2-L4パケットフィルタリングと

トラフィック分類

サポート

レート制限

8Kbpsの粒度でサポート

802.11e/WMM

サポート

ユーザープロファイルに基づくアクセス制御

サポート

インテリジェントな帯域幅制限

(等帯域幅共有アルゴリズム)

サポート

QoS

インテリジェントな帯域幅制限(ユーザー固有)

サポート

インテリジェントな帯域幅保証

サポート:トラフィックが輻輳してない場合は、全てのSSIDからの

パケットのフリーフロー、トラフィックが輻輳してる場合は各SSIDの

最小帯域幅を保証

SVP電話のQoS最適化

サポート

CAC (Call Admission Control)

サポート:ユーザー番号/帯域幅に基づく

エンドツーエンドのQoS

サポート

APアップロード速度制限

サポート

RF管理

国コードロック

サポート

スタティックチャネルとパワー設定

サポート

自動チャネルとパワー設定

サポート

自動トランスミッションレート調整

サポート

カバレッジホールの検出と修正

サポート

ロードバランシング

サポート:トラフィック、ユーザー、頻度に基づく(デュアル周波数をサポート)

インテリジェントロードバランシング

サポート

APロードバランシンググループ

サポート:自動検出と柔軟な設定

セキュリティ

スタティック ブラックリスト

サポート

ダイナミック ブラックリスト

サポート

ホワイトリスト

サポート

不正AP検出

サポート:SSIDベース、BSSID、デバイスOUIなど

不正AP対策

サポート

フラッド攻撃の検出

サポート

なりすまし攻撃の検出

サポート

Weak IV 攻撃の検出

サポート

WIPS

サポート:7層のモバイルセキュリティ

レイヤー2

プロトコル

ARP (無償ARP)

サポート

802.1p

サポート

802.1q

サポート

802.1x

サポート

IP protocol

IPv4プロトコル

サポート

Native IPv6

サポート

IPv6 SAVI

サポート

IPv6 Portal

サポート

DHCP Server (IPv4, IPv6)

サポート

マルチキャスト

MLDスヌーピング

サポート

IGMPスヌーピング

サポート

マルチキャスト

マルチキャスト グループ

256

マルチキャストからユニキャスト(IPv4IPv6

サポート:動作環境に基づいてユニキャスト制限を設定します

冗長性

AC間の1 + 1フェイルオーバー

サポート

AC間でのインテリジェントAP共有

サポート

リモートAP

サポート

管理と展開

ネットワーク管理

WEB、SNMP v1 / v2 / v3、RMONなど

ネットワーク展開

WEB、CLI、Telnet、FTPなど

WiFi 位置

CUPID ロケーション

サポート

グリーン機能

AP RFインターフェースの予定された

シャットダウン

サポート

ワイヤレスサービスの予定されたシャットダウン

サポート

パケット毎の電力調整(PPC

サポート

WLAN

アプリケーション

RF Ping

サポート

リモートプローブ分析

サポート

リアルタイムスペクトラムガード(RTSG

サポート

ワイヤレスインテリジェントアプリケーション

アウェア(wIAA

サポート/ ステートフルインスペクションファイアウォール

パケット転送の公平性の調整

サポート

8802.11nパケット転送抑制

サポート

アクセスベースのトラフィックシェーピング

サポート

Co-APチャネル共有

サポート

Co-APチャネルの再利用

サポート

RFインターフェース伝送速度調整アルゴリズム

サポート

弱い信号でワイヤレスパケットをドロップします

サポート

弱い信号でユーザーアクセスを無効にする

サポート

マルチキャストパケットキャッシングを無効にする

サポート

ステータスの点滅(一部のAPに限定)

サポート

追加新機能

ポリシー転送

サポート

VLAN プール

サポート

Bonjour gateway

サポート

802.11w

サポート

802.11k,

サポート

Hotspot2.0 (802.11u)

サポート

NAT

サポート

VPN

サポート

製品 ID

製品説明

EWP-WX3820H-GL

H3C WX3820H アクセスコントローラ

EWP-WX3840H-GL

H3C WX3840H アクセスコントローラ

PSR150-A1-GL

150W AC パワーモジュール

LIS-WX-1-BE

V7用の拡張アクセスコントローラライセンス、1 AP

LIS-WX-4-BE

V7用の拡張アクセスコントローラライセンス、4 AP

LIS-WX-8-BE

V7用の拡張アクセスコントローラライセンス、8 AP

LIS-WX-16-BE

V7用の拡張アクセスコントローラライセンス、16 AP

LIS-WX-32-BE

V7用の拡張アクセスコントローラライセンス、32 AP

LIS-WX-64-BE

V7用の拡張アクセスコントローラライセンス、64 AP

LIS-WX-128-BE

V7用の拡張アクセスコントローラライセンス、128 AP

LIS-WX-512-BE

V7用の拡張アクセスコントローラライセンス、512 AP

LIS-WX-1024-BE

V7用の拡張アクセスコントローラライセンス、1024 AP

SFP-XG-LX-SM1310-E

SFP+ Module(1310nm,10km,LC)

SFP-XG-SX-MM850-E

SFP+ モジュール(850nm,300m,LC)

SFP-GE-SX-MM850-A

1000BASE-SX SFP トランシーバ, マルチモード (850nm, 550m, LC)

SFP-GE-LX-SM1310-A

1000BASE-LX SFP トランシーバ, シングルモード (1310nm, 10km, LC)

SFP-FE-SX-MM1310-A

100BASE-FX SFP トランシーバ、 マルチモード (1310nm, 2km, LC)

SFP-FE-LX-SM1310-A

100BASE-LX SFP トランシーバ, シングルモード (1310nm, 15km, LC)

あなたはH3Cパートナー企業ですか? ログインして他のパートナーリソースをご確認ください。優れたH3Cパートナー企業を見つけるか、H3Cとのパートナーシップを構築し、成功を共有するパートナー企業になる事も出来ます。