H3Cがグローバル戦略を最適化してグローバルデジタルエコノミーを改革へ

2020年04月21日
ホーム会社概要ニュース・イベントニュース

5G、IoT、AI、クラウド、その他の最先端テクノロジー開発により、デジタル変革は社会の運用方法の進化を加速しています。 事実、IDCは2022年までにデジタル経済が世界経済全体の60%を占めると予測しています。 COVID-19エピデミックの世界的影響により、生活様式としてのデジタルおよびインテリジェントな変革の必要性は、H3Cにとってさらに重要な優先事項となりました。

デジタルソリューションのリーダーであるH3Cは、4月20日から25日まで、「Smart-Volution」をテーマにしたオンラインNAVIGATE 2020を開催中です。H3Cは、新たなAI in Allインテリジェンス戦略を正式に立ち上げ、H3CのDigital Brain Project(デジタルブレーンプロジェクト)2020を発表します。さらに、インテリジェント デジタルプラットフォームに関連するいくつかの革新的製品とテクノロジーを立ち上げるとともに、統合ソリューションを活用し、産業界がより高度なインテリジェント変革により良く対応、実現する事を支援します。

2020NAVIGATEの現場にいるH3Cグループの上席副社長兼国際ビジネス部長の黄智輝

2020NAVIGATEの現場にいるH3Cグループの上席副社長兼国際ビジネス部長の黄智輝

この新しいインテリジェンス戦略の提案は、グローバルインテリジェント革命に関するH3Cの新しい知見と考え方を示しています。 H3Cの国際事業部門プレジデント兼同社上級副社長であるゲイリー・ファン氏は「世界的なデジタル経済の活発な発展に伴い、様々な国々でのデジタル変革への需要が増大を続けています。 当社はグローバルなデジタル業界には大きな発展の可能性があるとみており、その為には、デジタルおよびインテリジェントテクノロジーを革新する能力を持つより多くの企業の参加が必要です。 当社は自らの利点を最大限に発揮し、市場機会を把握し、国内外の顧客に最高のデジタル変革価値を提供し、グローバルなインテリジェント変革の重要な推進力となる」と指摘した。

H3Cは2019年、「H3C」という独立したブランドで海外市場に進出し、各国のデジタル変革加速を支援しました。 現在、7つの海外市場(マレーシア、タイ、インドネシア、パキスタン、ロシア、カザフスタン、日本)で事業展開しており、金融、通信事業者、政府などアクセス条件や要件が高いコア産業に進出してきました。

その結果、H3Cは海外市場の拡大を加速させています。 ゲイリー・ファン氏は「国際市場は、H3Cの将来の事業の主要な成長ポイントとなります。 今後3-5年間、H3Cはグローバルチャネルシステムのレイアウト最適化し続け、国際市場への参加を積極的に強化し、業界をリードするトップレベルのデザインからテクノロジー実装まで、エンドツーエンドの統合ソリューションを通じより多くの海外顧客のデジタル変革を促進します」と語った。

H3Cは様々な海外市場の状況に基づき、そのインテリジェンス戦略をガイダンスとして採用し、Digital Brain Projectを使用して、革新的な成果と技術的実践を地域の基幹産業に具体的に推進し、埋め込んでいきます。 同社はパートナーとの完全なデジタルソリューションを創出し、AI、ビッグデータ、クラウドコンピューティングを統合する強力な能力を通じて、さまざまな国のデジタル構築をサポートし、グローバルな業界エコシステムとともに成長します。