中国を中心とするグローバルな視点:H3Cが国際ビジネスに関する新戦略を発表

2019年04月19日
ホーム会社概要ニュース・イベントニュース

重慶で4月19日、清華ユニグループとH3Cグループ(H3C)が共催する「デジタルナビゲーション、スマートフューチャー」をテーマにしたNAVIGATE 2019が開催されました。このイベントで、H3Cは国際ビジネスフォーラムを開催しました。世界中のパートナー企業とお客様、研究機関の専門家が一堂に会し、製品テクノロジー、ビジネスインサイト、業界アプリケーション、テクノロジーサービスなどの分野に関してH3Cの意見を共有しました。一方で、H3Cは最新の国際的なビジネス展望と戦略計画を正式に発表しました。言い換えれば、H3Cブランドは海外市場の正式な拡大に使用され、「一帯一路」およびその他の主要な国家戦略計画の主導の下で、すべての国の経済のデジタル発展を支援しているということです。さらに、ディスプレイ分野では、H3Cは一連のテクノロジー製品とソリューションを海外市場に持ち込み、サミットの国際パートナー企業に最先端の信頼できる国際ブランドイメージを示しました。

国際ビジネスフォーラム

グローバルなデジタル変革のニーズに対する洞察、H3Cが海外市場を新規開拓

IDCによると、2021年までに世界のGDPの少なくとも50%がデジタル化され、そのうち中国が55%を占めることになります。デジタルテクノロジーが推進する新しいテクノロジーの革新は、世界的な経済パターンとビジネスモデルを再構築します。デジタル変革という圧倒的なトレンドに直面しているため、中国市場と海外市場の両方に、情報、通信、テクノロジーインフラストラクチャに加えて、業界全体のアプリケーション駆動型ソリューションが必要となります。この新しいトレンドを背景に、中国はテクノロジー革新とデジタル経済の発展を先導する業界リーダーになりました。また、H3Cは、中国企業のデジタル変革を推進する中で、業界をリードするテクノロジー力と過去に成功した豊富な運用経験を蓄積してきました。

H3Cグループの上席副社長兼国際ビジネス事業部総裁である黄智輝さんが基調講演を行いました

H3Cはデジタルソリューションのリーダーです。H3Cは、継続的な研究のインプットと業界市場の発展を通じて、コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、セキュリティ、安全性などのデジタルインフラストラクチャの総合的な強みをすでに備えており、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、相互接続性、情報セキュリティ、新しい安全性と保護、モノのインターネット(IoT)、エッジコンピューティング、人工知能(AI)、5G、およびエンドツーエンドのテクノロジーサービス向けの包括的でワンストップなデジタルプラットフォームのソリューションを提供します。このデジタル変革の課題に直面している多くの海外市場では、デジタル変革の過程で蓄積された中国の経験を早急に必要としています。H3Cの中国市場における大きな成長が、H3Cのテクノロジー的な強みと成功体験を物語っています。そのため、H3Cが海外市場を発展させるためには、まさに今が最適なのです。

H3C7つの海外市場に進出し、海外市場計画を公開しています

2019年以降、H3Cはそのブランドの下で海外市場の拡大とカバレッジを加速してきました。「一帯一路イニシアチブ」などの国家政策のサポートを得て、独立したチャンネルの拡大を通じて、次の7つの重要な海外市場への参入に焦点を当てます:マレーシア、タイ、インドネシア、パキスタン、ロシア、カザフスタン、日本。H3Cは海外支店を設立し、現地のパートナー企業と積極的に連携して、グローバルクライアントにデジタル変革サービスを提供します。一方で、H3Cは「一帯一路」プロジェクトに積極的に参加することで、「一帯一路」に沿ってお客様まで配送し、優れたサービスを提供します。

パネルディスカッション:H3Cによるデジタルの旅

H3Cは現在、すでに海外市場で完全なビジネスレイアウトを確立しています。H3Cは、7つの支店に加えて、海外市場で堅実な販売ネットワークとサービスシステムを着実に構築しています。独立系ソフトウェアベンダー(ISV)およびシステムインテグレーター(SI)との協力、またチャンネルマーケティングを通じて、H3Cの事業範囲は、世界中の100ヵ国以上の地域をカバーしており、世界中でオンライン操作可能な機器総数は5,000万を超えています。H3Cの製品およびサービスは、世界の一流のお客様に認められています。同時に、H3Cには2,000人以上のICT専門家と8,000人以上のテクノロジーサービスパートナー企業がいます。また、アジア、アフリカ、ヨーロッパの9ヵ国にスペアパーツセンターを建設しています。H3Cは、サービスパートナー企業とともに、東京、シンガポール、バンコク、モスクワを含む20以上の都市にICTベースのフルライフサイクルサービスを提供できます。

H3Cグループの上席副社長兼国際ビジネス部長である黄智輝さんは、次のように述べています。「国際ビジネスはH3Cにとって重要なビジネス成長ポイントになりつつあり、戦略全体においてより重要な役割を果たしています。私たちは現在に根ざし、未来に焦点を当てています。国内のテクノロジー力と豊富な運用経験で海外市場の発展を支援し、既存の市場を徐々に統合することで、グローバル市場への参入を実現してゆき、H3Cを真に世界的に有名な科学技術ブランドにしています。」

将来には、海外市場はH3Cが成長を達成するための重要な地域となるでしょう。H3Cは、グローバルなお客様へのサービス提供を通して、パートナー企業とともに成長し、健全なチャンネルパートナーシステムを徐々に確立し、地域の主要なICT機器のプロバイダーおよびデジタルソリューション分野のリーダーになるよう努めます。