MWC19上海 | H3Cが優れたビジネスAIプラットフォームを発売 H3C UniServer R5300 G3

2019年06月28日
ホーム会社概要ニュース・イベントニュース

H3Cは、MWC19上海で、AI時代に役立つ独自の革新的な新世代サーバーであるH3C UniServer R5300 G3を発売しました。この製品は、高い性能、革新的なアイデア、優れたデザインを持ち、会場で満場一致の称賛を受けました。

デジタル変革が発展するにつれて、すべての業界は、ノウハウの改善、製品のアップグレード、プロセスの最適化を通じて、全体的に競争力を強化しています。AIは開発における競争力を高めるために広く使用されており、より高いパフォーマンスとより優れたグラフィックコンピューティング機能の必要性が、ハードウェアITインフラストラクチャに対する厳しい要件をもたらしました。

H3C UniServer R5300 G3は、次世代のプロセッサ、最先端のシステムアーキテクチャおよび設計コンセプトに基づいて、コンピューティングパフォーマンス、ストレージ容量、ネットワークパフォーマンス、スケーラビリティ、および安定性に関して全体的に改善し、GPUサーバーの中でも全体的にパフォーマンスを実現しています。企業は、高性能コンピューティング、ビッグデータ分析、AIなど、さまざまなビジネスシナリオの要件を満たすプラットフォームを展開することができます。AIサービスの提供に焦点を当てているH3C UniServer R5300 G3は、多くの独特な機能を備えています。

•高性能:H3C UniServer R5300 G3は、2つのインテル・スケーラブルプロセッサを搭載し、24個の3.5インチハードディスクと8つのNVMe SSDをサポートし、業界をリードする288Tのストレージ容量を備えています。8つのデュアルGPUまたは20個のシングルGPUをサポートできるため、業界の他社の同レベルの製品よりも優れたパフォーマンスを発揮し、AIおよびディープラーニングにおける運用効率を加速します。さらに、H3C UniServer R5300 G3は、高度な設計コンセプトに基づき、初めてPCIe 4.0リンク設計を採用したことで、帯域幅を2倍にすることを実現しました。H3C UniServer R5300 G3はPCIe 4.0を採用した業界初のAIサーバーです。20個のPCIeスロットにより、プラットフォームは非常に高い拡張性を備え、データの相互作用を加速させ、AIの運用効率を向上させることで、H3C UniServer R5300 G3を業界のリーダーにまで高め、最高の性能を実現します。

• セキュリティと安定性:H3C UniServer R5300 G3は非常に重い負荷のかかるハードウェアプラットフォームであるため、セキュリティと安定性は慎重に検討され、モジュール設計により、デバイスの使いやすさが大幅に向上しました。統合管理モジュールによって実装されたプラットフォームのステータス管理とリモート監視により、便利な操作と保守を実現し、製品の安全性が高まっています。さらに、N + N冗長設計の4つの2000W電源、N + 1冗長設計の8つのホットプラグファン、および高性能メモリコントローラーを含む冗長設計にも安定性が反映されており、全体的な信頼性が向上し、システムとAIを保証しています。

• 独立したイノベーション:H3C UniServer R5300 G3は、独立した革新的なサーバー製品として、H3Cが独自に設計、開発、製造しました。同時に、AIシナリオは様々な業界のユーザー向けに異なるシナリオでカスタマイズできることで、ディープラーニングの可能性を探ることができます。