ワイヤレス

ホーム製品・技術製品ワイヤレス
概要

スマートデバイスの急速な普及により導かれたモバイルインターネット利用の成長によりこの10年で、WLAN使用が急増しました。モバイルネットワークの総合ソリューションにおいて業界のリーディングプロバイダであるH3Cは、最初のWLANソリューションを2008年に発売して以降、中国No.1の企業向けWLANソリューションプロバイダーであり続けています。IDCによるとH3Cは、市場参入後に600万台以上のWLAN製品(AP)を出荷しています。

H3CのWLAN研究開発チームは2000年に正式に結成され、2008年に最初の企業クラス802.11n APを発売する前に、業界初のギガビットワイヤレスコントローラーWX6100を設計しました。また、2014年に802.11acギガビットワイヤレス時代にも初めて参入しました。2018年、業界初の高性能802.11ax APおよび新世代ワイヤレスコントローラーシリーズをリリースしました。H3Cは、インドアおよびアウトドア設置向けに利用可能なワイヤレスソリューションの品質改善を続け、年間約3000万ドルもの持続した研究開発投資を通じて、750件を超えるWLAN技術特許を保有しています。

ワイヤレスソリューションには、高密度のカバレッジソリューション、ビッグデータ時代のモバイルキャンパスソリューション、インテリジェントな医療ソリューション、Wi-Fiポジショニングソリューション、統合されたワイヤード・ワイヤレスソリューションというあらゆる分野が含まれ、さまざまなターゲットシナリオを提供できます。モバイルインターネットの潮流に乗って、H3C Oasisプラットフォームは、ワイヤレスエコシステムのサービスプロバイダー、チャネルパートナーおよび端末メーカー向けの専有のO2Oサービスプラットフォームを提供しています。

さらに H3Cは、インターネット技術特別調査委員会(IETF)の標準化の取り組みに参加する唯一の中国企業であり、RFC5833とRFC5834という、2つのRFCを提出しています。これらは両方ともMIBに認識されており – ワイヤレスネットワークの標準をさらに改善し、WLANアプリケーションの開発を促進するものです。WLAN分野におけるH3Cのさらなる進展により、中国内および世界においてWLANの標準化を推進するという、当社の取り組みと成果を示しております。

「品質に焦点を当てたインテリセンス」という製品開発哲学へのH3Cの取り組みにより、世界中のさまざまな種類のお客様と技術交流や協力関係を維持することができました。その膨大な数のイノベーティブな「クラウド相互接続」ワイヤレスソリューションは、北京大興国際空港、国立劇場、国立図書館、国立競技場、北京首都国際空港、香港大学、清華大学などでの導入に成功しています。現在、市役所や携帯電話事業者と協力して、北京、広州、上海、杭州などを含む80もの「ワイヤレス都市」の建設に取り組んでいます。H3Cは専門的なO&MのプラットフォームとオープンなAPIシステムを活用して、世界中のパートナーやお客様のために完全なWLANエコシステムを築き上げたいと思っております。

当社のソリューションについて学ぶ

詳細へ
あなたはH3Cパートナー企業ですか? ログインして他のパートナーリソースをご確認ください。優れたH3Cパートナー企業を見つけるか、H3Cとのパートナーシップを構築し、成功を共有するパートナー企業になる事も出来ます。