デジタルナビゲーション、スマートフューチャー - H3Cがデジタルブレーンプロジェクトを正式に開始

2019年04月19日
ホーム会社概要ニュース・イベントニュース

重慶で4月19日、清華ユニグループとH3Cグループ(H3C)が共催するNAVIGATE 2019が重慶ユエライ国際エキスポセンターおよび国際コンベンションセンターで開催されました。このイベントは、重慶政府によってサポートされました。「デジタルナビゲーション、スマートフューチャー」をテーマにしたこのイベントでは、中国全土から7,000人を超えるビジネスおよび当局のリーダー、権威ある専門家、メディアスペシャリスト、アナリストが一堂に会し、デジタルテクノロジーの革新と実践、および段階的な探査とデジタル経済の将来の展望に関して意見交換を行いました。

NAVIGATE 2019

デジタル変革は、発展と加速の段階に入っています

2019年、「インテリジェントプラス」が政府の業務に関する報告に初めて登場し、「インターネットプラス」に取って代わり始めました。これは、デジタル変革が発展してきていることを意味します。「インテリジェントプラス」は、従来の産業を変革し、新興産業の発展を促進する新しい原動力になります。そのため、インテリジェントプラットフォームを構築し、インテリジェントアプリケーションサービスを接続することが、企業のデジタル変革の鍵となります。

同時に、急速な成長は、デジタル経済と業界のデジタル変革の発展にも現れています。IDCによると、2022年までに、世界のGDPの60%以上と中国のGDPの65%以上がデジタル化により推進されます。また、上海社会科学院の調査では、中国がデジタル経済の年間成長率で2016年から2018年まで3年連続で世界1位となっていることが示されています。

清華ユニグループの会長兼最高経営責任者である趙衛国さんは、イベントでの講演で次のように述べています。「テクノロジーとビジネスの両方によって推進されるデジタル変革を徹底的に行い、デジタル変革の中で優れた業務を行うことで、企業がデジタル変革の発展を主導するのに役立ちます。清華ユニグループは、「チップツークラウド戦略」を常に発展させ、コアクラウドのチップとクラウドの2つのビジネスセクターをより高いレベルまで発展させ、さまざまな業界と密接に連携することで、デジタル化に貢献し続けています。

趙衛国さん、清華ユニグループ会長

清華ユニグループの共同社長兼H3Cの最高経営責任者である于英涛さんは、次のように述べています。「デジタル時代が発展する新しい段階では、ITの進化と業界の発展の両方が常に加速し、進展しています。この段階で「インテリジェントプラス」の価値を最大限に活用する方法は、お客様がデジタル変革を成功させるための鍵です。」

于英涛さん、清華ユニグループの共同社長兼H3Cの最高経営責任者

「デジタルブレーン」は、デジタル時代における組織の効率的な運営と成長を可能にする能力センターです

お客様がデジタル変革を加速し、「インテリジェントプラス」を正常に実践できるようにするために、H3Cは「デジタルブレーンプロジェクト」を開始しました。H3Cは、強化されたプラットフォーム機能に依存しながら、エコシステムパートナーと協力して、あらゆる業界の顧客向けにデジタルブレーンを構築し、デジタル化プロセスを促進します。

「デジタルブレーン」は、デジタル時代における組織の効率的な運営と成長を可能にする能力センターです。主に次の2つの重要な要素を含む「4 + N」モデルを備えています。それは、スマートデジタルプラットフォーム(「4」)と、パートナーとともに構築したスマートアプリケーションエコシステム(「N」)です。

デジタルブレーンの「4 + N」モデルでは、H3Cのスマートデジタルプラットフォームがデジタル変革を支え、スマートアプリケーションの発展を促進します。これには、内生インテリジェンスに進化するデジタルインフラストラクチャ、デジタル変革のコアエンジンとしてのビジネス機能プラットフォーム、インテリジェンス主導の情報保護を可能にする先制セキュリティ機能、およびIT環境にフルスタックのインテリジェントセキュリティを提供する統合O&Mサービスが含まれます。

スマートアプリケーションエコシステムは、H3Cのエコシステムパートナーのコアバリューを体現しています。2018年に「インクルーシブプラットフォームとボーダレスエコシステム」というエコロジカル戦略が開始されて以来、H3Cでは、さまざまな業界が「テクノロジー」と「エコロジー」を通じて、デジタル変革の実現を支援することに取り組んでいます。デジタルブレーンプロジェクトの実践により、H3Cは、テクノロジー統合の革新、協力モデルの革新、サービス能力の向上、デジタル人材の研修、およびデジタルエコシステムプラットフォームの構築を加速することにより注力することで、スマートデジタルプラットフォームとデジタルブレーンのスマートアプリケーションエコシステム(「4 + N」)の相乗効果を強化し、お客様の価値を高めます。

すべての業界のお客様のためにスマートな未来を形作る

お客様に対しては、デジタルブレーンプロジェクトを実践することで、よりスマートなビジネス決定(スマート)、より効率的なビジネス運営(タイムリー)、より機敏なビジネス展開(アジャイル)、より信頼性の高いビジネス保証(信頼性のある)、より安全なビジネス環境(安全)をカバーするコアコンピテンシー(総称してSTARSと呼ばれる)が可能になるため、すべての業界のお客様のデジタル変換を実現することができます。

最近、H3Cは、さまざまな業界のお客様向けに、いくつかの革新的かつ先進的なパフォーマンスを達成しています。たとえば、ビッグデータクラウドプラットフォーム「内モンゴルスマートシティ」の計画と構築への参加;チャイナユニコムと協力して、新しいエッジクラウドスマートウォーター水利プラットフォームを構築;相互接続された工場を稼働させるハイアールグループを支援;ITおよびネットワークプラットフォームを最適化するためのDeppon(德邦)エクスプレスの支援;集中型メディアクラウドプラットフォームの構築や他の多くのベストプラクティスプロジェクトを実行するためにBTVと協力。

清華ユニグループの共同社長兼H3Cの最高経営責任者である于英涛さんは、イベントでの基調講演で次のように述べました。「H3Cの「デジタルブレーンプロジェクト」の提案は、サービスのアップグレードだけでなく、H3Cのパターンと展望も表します。将来、デジタルテクノロジーは、政府サービスやさまざまな業界に、より迅速、正確、効率的な方法で統合され、新興産業をリードし、従来の産業を推進します。この目的を達成するために、H3Cは清華ユニグループ、清華ユニグループのさまざまなビジネスセクター、そして顧客や提携企業と協力して、業界を強化し、「デジタルナビゲーション、スマートフューチャー」の展望を達成します。」

H3Cは1日目の基調講演で、「スマートデジタルプラットフォーム」を中心としたさまざまな新製品の発売も発表しました。

●全シナリオAI、統合アーキテクチャ、および深いデータ洞察に基づくアプリケーション駆動型ネットワークAD-NET 5.0

●世界初のスマートフラグシップスイッチS12500X+SeerBladeモジュール

●固有の8ウェイミッションクリティカルサーバーUniServer R8900 G3、高度な高密度4ウェイコンピューティングプラットフォームUniServer R6700 G3、オールフラッシュCF2000 SCM+NVMeの新しいナビゲーター

●業界をリードするABC集中型プラットフォームであるCloudOS 5.0

●最新のM9000-AI-EX、F5000-AI-X0およびF1000-AI-X0シリーズAIベースのファイアウォール

●統合されたO&MサービスプラットフォームU-センター 2.0

H3Cグループについて

H3Cは、デジタルソリューションを提供している業界リーダーであり、ビジネス革新とデジタル変革を探求し、お客様が最も信頼できるパートナーとなることをお約束します。H3Cは、デジタルインフラストラクチャ製品(コンピューティング、ストレージ、ネットワーク、セキュリティ、および関連ドメインにまたがったクラウドコンピューティング、ビッグデータ、相互接続性、情報セキュリティ、新しい安全性、IoT、エッジコンピューティング、人工知能(AI)、5Gソリューション、およびエンドツーエンドのテクノロジーサービスを含む包括的でワンストップなデジタルプラットフォーム)の完全なポートフォリオを提供します。H3Cは、中国のHPE®サーバー、ストレージ、および関連するテクノロジーサービスの独占プロバイダーでもあります。

詳細については、http://www.h3c.com をご覧ください。