MWC19上海 | H3Cが5G収束シナリオの開発をリードする5Gコンバージドソリューションを発表

2019年06月26日
ホーム会社概要ニュース・イベントニュース

6月26日、MWC19上海で、H3Cは「5G収束型シナリオによるスマートな未来の形成」をテーマとしたデジタル変革および実践サミットを開催しました。このサミットで、H3Cは「5Gコンバージドソリューション」を公式に発表し、5Gおよび新しい5G時代のH3Cデジタルブレーンプロジェクトが推進する業界との深い統合の新時代の幕が切って落とされました。

将来成功するための鍵H3Cは5Gアプリケーションの価値に焦点を当てています

モルガン・スタンレーによると、2030年には、リモート医療、産業自動化、固定ワイヤレスブロードバンド、スマートシティなどの主要な5Gアプリケーションは、年間1兆人民元を生み出す成長市場をもたらしますが、5Gによって巨大な市場空間が必ず成功するというわけではありません。サミットでは、ネットワーク製品部長兼H3Cの副社長である畢首文さんは、「5Gテクノロジーと産業シナリオの深い統合を効果的に実現する方法こそが、5Gの商業的な成功の鍵である」と強調しました。

ネットワーク製品部長兼H3Cの副社長である畢首文さんは、5G統合ソリューションを発表しています

H3Cは、5G時代の通信事業者の貴重なパートナー企業として、さまざまな業界のコアな需要に焦点を合わせ、完全なクラウドベースのコンセプトを採用して、通信ビジネスと政府およびエンタープライズビジネスの統合に、今回発表された「5Gコンバージドソリューション」におけるプラットフォームとエコシステムの全体的な統合を積極的に促進しました 。「統合の重要性は、さまざまな次元のリソースとチャンネルの相乗効果にあります。5Gテクノロジーとさまざまな業界の深い統合によって、業界をより効果的に発展させることができます。統合ソリューションがもたらすのは、効率だけでなく、商業的価値でもあります」と畢首文さんは述べています。

テクノロジーからシナリオまで

H3Cはあらゆる面で「深い統合」を実行します

NAVIGATE 2019で、H3Cはデジタルブレーンプロジェクトを発表し、5Gネットワークが「企業の「超神経」」または「デジタルブレーン」として、すべての業界のデジタル変革において重要な役割を果たすことを発表しました。今回発表された5Gコンバージドソリューションは、デジタルブレーンプロジェクトがキャリアの業界で実施され成功を収めたことを示しており、テクノロジーと製品の革新を通じて、5Gテクノロジーと業界の深い統合を促進するという基本的な意義があります。

このようなイノベーションの観点で、H3Cの5Gコンバージドソリューションには、一連のオープンなクラウドベースの5G製品、および5Gアクセスネットワーク、キャリアネットワーク、エッジコンピューティング、クラウドベースのスモールセルをカバーするオールラウンド製品およびソリューションが含まれます。通信事業者がネットワーク構築コストを効率的に削減し、産業チェーンへのオープンアクセスを促進し、5Gと産業シナリオの効率的な統合を実現するのを支援します。さらに、5Gクラウドベースネットワークのアーキテクチャとして、H3Cは完全なクラウド製品システムとあらゆるクラウドベースのコンポーネントに基づいて、集中的で柔軟な5Gコンバージドソリューションを開発し、5Gネットワークの運用と保守の問題を解決し、アップグレードの可能性を大幅に活性化します。

産業シナリオに関しては、デジタルブレーンプロジェクトに基づく5Gコンバージドソリューションは、産業アプリケーションシナリオと5Gの統合をサポートするための重要な中枢となり、また、安全、治水、ヘルスケア、教育、スマートシティ、産業用インターネット、統合メディアなどの主要産業に広く適用されます。 産業での蓄積されたノウハウと利点に基づき、H3Cは通信事業者と協力して、ソリューションとビジネスモデルの革新の側面から、価値ある提携システムを構築します。

H3Cの5Gコンバージドソリューションは、5Gテクノロジーの産業発展への利点を高め、さまざまなシナリオ間の効率的な連携を強化し、キャリアサービスと政府および企業ビジネスとの完全な連携を促進することを目的としています。これらのソリューションは、H3Cが産業発展のために新しい試み行うということを表すだけでなく、より価値のあるビジネス開発モデルを提供します。5Gの商業時代が到来すると、H3Cはより多くのパートナー企業と連携し、変化に立ち向かうことで、5Gの計り知れないアプリケーション価値を生み出します。